-葉酸

2009年10月アーカイブ

葉酸について

| コメント(0) | トラックバック(0)

葉酸という栄養素をご存知でしょうか。ビタミンA,B,Cのように有名ではありませんが、葉酸もビタミンの仲間のビタミンMと呼ばれるもので、水溶性ビタミンに分類される栄養素です。

葉酸は、ほうれん草の葉に中から1941年に発見されたビタミンであり、ほうれん草の葉のラテン語のfoliumを語源として葉酸(folic cid)と名付けられました。葉酸は、細胞尾増殖に必要なDNAの合成に必要なビタミンであることから、妊娠を希望する女性は妊娠する前から葉酸を摂取しておくほうがよいとされています。

葉酸は、ほうれん草などの葉物野菜や果物、レバーに多く含まれているので、食事の際には積極的に野菜や果物を取り入れるようにしましょう。しかし、緑黄色野菜や果物、レバーなどを調理したり、長期間保存しておくことによって酸化を起こし、それらに含まれている葉酸を壊してしまいますから、新鮮な生野菜サラダやフルーツが効果的に葉酸を取ることのできるメニューとされます。

また、多量に飲酒をすることで葉酸の吸収を妨げることになります。どんなに体に必要で、良いといわれるものでも取り過ぎはよくありませんが、葉酸は、水溶性のビタミンなので1日量よりも多めに摂ってしまった場合でも余剰分は自然に体外に排出されます。

 

 美味しいお茶の入れ方  ボウリング入門  登山  熱帯魚

★税込★ピジョン 葉酸カルシウムプラス60粒入×3瓶(合計180粒約3ヶ月分)

 

葉酸はDNAを構成する核酸の合成や赤血球を作るという働きがあり、不足すると貧血を起こしたり、胎内にいる赤ちゃんに神経管閉鎖障害というトラブルが発生したりしてしまいます。葉酸の不足によってこのようなトラブルが起こらないようにするには、妊娠可能な年齢の女性では1日400μg(マイクログラム)の葉酸を摂取するのが良く、妊娠中の女性では1日600μg、授乳中には500μg摂取することが必要になります。

もちろん、葉酸は女性だけに必要な栄養素ではなく、同じように男性も積極的に摂取しておくことが望ましいものです。妊娠出産に関係しない成人男女に1日に必要な葉酸の摂取量は200μgで、1日の許容上限摂取量は1,000μgです。葉酸の1日の許容上限摂取量が1,000μgと定められていますが、葉酸は水溶性のビタミンなので過剰に摂取された葉酸は腎臓から尿として体外に排出され、多少であればあまり過剰摂取ということにはこだわらなくても大丈夫です。

心疾患やアルツハイマーの予防にも効果があるといわれている葉酸は、妊娠を望む若い女性だけに必要なものではなく、中高年の心臓発作や脳卒中が心配になる年齢の人にもとても必要な栄養素です。必要になった時にだけあわてて葉酸を摂取するのではなく、日々の生活の食事や栄養を補うサプリメントを利用して葉酸不足にならないように気をつけましょう。

 

冷蔵庫の選び方 FXで億万長者  がん 癌

●セール中●(ピジョン)ピジョンサプリメント 葉酸プラス お徳用2ヶ月分 60粒入★税込3150円以...

 

葉酸はその名の通り野菜に多く含まれる栄養素で、野菜を多く摂取する習慣のあった昔の日本の食生活では不足することも少なかったのですが、欧米型の食生活になってしまった現在では野菜の摂取量が減り、それに伴って葉酸の摂取不足も言われるようになりました。葉酸は胎児が成長する際に必要となる栄養素で、不足すると二分脊椎などの神経間閉鎖障害が起こりやすくなることが知られています。

これらのリスクを減らすためにも妊娠する予定のある女性は不足することなく葉酸を取り続ける必要があります。また、葉酸には神経管閉鎖障害の予防効果以外にも、小児に発生する神経芽細胞腫の発生を抑制する働きがあると言われるようになって来ました。

葉酸の不足は大腸がんや乳がん、すい臓がんなどの発生にも関係するとの報告があり、葉酸をサプリメントにより摂取していた人に大腸がんの発生が少なかったとの報告もされています。

胎児の神経系のトラブルの発生を抑制し、神経芽細胞腫のリスクを減らす効果のため、がんの発生を抑える効果が期待される葉酸を不足することなく摂取するようにしましょう。さらに、葉酸には脳卒中や認知症の予防効果もあると海外の研究で明らかになっているので、葉酸は妊婦や若い世代の人だけでなく幅広い世代に必要な栄養素だと言えます。

 

 社交ダンス  スノーボード  バレエ

【期間限定】大特価!大塚製薬ネイチャーメイド葉酸150粒

 

葉酸などのビタミン類が体に欠かすことのできない大切な栄養素であるということは理解していても、不規則で偏りがちな食生活では成人男女の1日に必要な摂取量の200μgに満たないこともあるでしょう。そんな時には、手軽に葉酸を補給できるサプリメントを利用するのがおすすめです。

葉酸は水溶性のビタミンであるため水に溶け出しやすいという性質があり、熱にも弱いので料理をしている間に約50%の栄養素が失われてしまいます。また、葉酸は体内に入っても100%が働けるわけではなく、ここでも約50%の葉酸しか働くことができず、1日に必要とされる摂取量をクリアするには単純に計算しても約4倍の量の葉酸を摂取しないといけない計算になります。

妊娠している人では葉酸の1日の必要摂取量は600μgなので、通常の摂取量よりも遥かに多く葉酸を摂らなければいけません。いくら葉酸不足が体に悪いとわかっていても、毎日ほうれん草を2束、納豆なら3パック以上を食べ続けるのは大変です。そこで役に立ってくれるのが葉酸のサプリメントなのです。葉酸のサプリメントはいろいろなメーカーから発売されており、大塚製薬のネイチャーメイドは2粒でほうれん草の小ぶりなもの1束分の葉酸を摂取することができます。

 

 バスフィッシングの魅力  磯釣り  ベリーダンス
カテゴリー
更新履歴
葉酸について(2009年10月14日)
葉酸の1日の必要摂取量(2009年10月14日)
葉酸に期待される効果(2009年10月14日)
葉酸をサプリメントで摂る(2009年10月14日)
カテゴリー
更新履歴
葉酸について(2009年10月14日)
葉酸の1日の必要摂取量(2009年10月14日)
葉酸に期待される効果(2009年10月14日)
葉酸をサプリメントで摂る(2009年10月14日)